施設利用規約

第1条<基本規約>

CQBエアソフトフィールドBUDDY (サバイバルゲームフィールドBUDDY)(以下BUDDY とする)は、BB弾を使用したエアガンでの対戦ゲーム、シューティングゲームなどを目的とした娯楽施設であり、通常の営業時においては本来の目的をもって 本規約を遵守するBUDDY 会員にのみ施設利用を許可する

第2条<施設の規定>

施設とはゲームフィールド及び事務所棟や駐車場を含み、BUDDY が保有している敷地全てをいい、以下の規約を遵守すること
施設は利用者に貸与するものであって施設内装飾品・設備等を故意に破壊する行為は禁止する施設内に配置する装飾品・設備等の移動、持出を禁止する
施設内であっても許可された場所以外への立ち入りを禁止する
ゲームフィールドを含み施設内での飛び乗り、飛び降り、飛び移り等の行為は禁止する
施設内での暴力行為・格闘行為は、いかなる理由をもってしてもこれを認めない
施設内は火気厳禁であり、喫煙であっても所定の場所で行うこと
酒気帯びでのBUDDY への入場、施設内での飲酒は禁止する
BUDDY への刃物・爆発物及びエアガン以外の銃器類の持ちこみを禁止する
その他、基本的に施設内での事故、トラブル等に一切責任を負うことはできません

第3条<エアガン等の取扱>

施設内であっても、ゲームフィールド等BUDDY が指定した場所以外でのBB弾の発射、空撃ち等は禁止する
駐車場を含み、BUDDY が指定した場所以外でのエアガン等の持ち運びに際しては、バック・ケース等に入れて外からわからない様に十分留意すること
ゲームフィールド以外ではエアガンの安全装置や銃口キャップ等を利用して誤射などの事故防止につとめること
ゲームフィールド以外では、絶対に銃口は人に向けないこと
ゲームフィールド内であっても不要に上方向へのBB弾の撃ち込み(山なり弾道)をする行為は禁止する

第4条<ゲーム参加>

BUDDY 会員となり、それぞれのフィールド及びゲーム規定に従う事を条件にゲーム参加を許可する(詳細な規定に関しては、別途フィールドレギュレーションを設ける)

第5条<会員>

本規約を承認のうえ所定の誓約書において申込みを行い、BUDDY が入会を許可した18歳以上の方を会員といいます
BUDDYでは18歳未満(高校在学中)の方の参加は禁止としています。
BUDDY は必要に応じて会員の入場を制限する事ができるものとする
非会員と同伴した会員は非会員の施設内での行為について一切の責任を負うものとする

第6条<利用料金>

会員は施設の利用に関して、以下の項目に従い規定の利用料を支払わなければなりません
利用料は現金で遅滞なくお支払いいただきます
利用料は施設入場時に受付にて支払うものとします。
領収した正規の利用料は理由の如何を問わず返却しません

第7条<禁止行為>

公序良俗に反する行為
第三者に損害または不利益を与える行為
第三者を誹謗中傷する行為
施設での飲酒・飲酒後の入場
施設外でのエアーガン等の裸での持ち歩き
軍装での施設外への出歩き等
セーフティースペースでのマガジンの装着
セーフティースペースでのガンセーフティの解除
不必要に銃口を人に向ける行為等
BUDDYに損害または不利益を与える行為等、その他
施設内所定位置以外での銃の空撃ち・試射・マガジンの装着

第8条<除名及び入場の制限>

会員、またはその同伴者が次の項目のいずれかに該当した時には除名又は入場拒否及び退場を宣告することができる
本規約に違反したとき
BUDDYやその他のサバイバルゲームフィールドで出入り禁止措置を受けた方の入場は認めません
暴力、暴言、罵声、威圧的行為など悪質な方は即刻退場処分とさせて頂きます
BUDDY の品位・名誉を傷つけ、BUDDY の秩序を乱したとき
BUDDY の営業に支障をきたす行為及び他の会員、同伴者に迷惑をかける行為のあったとき
その他、会員及び同伴者としての品位を損なうと認められる行為のあったとき

第9条<その他の入場及び利用の制限>

以下の場合、BUDDY は会員及び同伴者またはその他の来場者の同意を得ずにその入場及び利用を制限する事が出来る
事前に貸切利用の契約があったとき
BUDDY が休日と定めた場合
利用者が過剰となった場合
営業時間外、または営業時間の終了を宣言した場合
法令その他公的機関により要請のあった場合
BUDDY の判断において安全と秩序を保持するのに必要と判断したとき

第10条<免責事項>

当施設を利用するにあたって発生した盗難、傷害、負傷、死亡、その他一切の事故・トラブルについては利用者各自の責任において対処するものとし、BUDDY は関与せずその一切の責を負わない。

第11条<利用者の損害賠償責任>

会員、非会員を問わず、施設の利用中に自己の責に帰すべき事由によりBUDDY または第三者に損害を与えた場合は、すみやかにその賠償の責に任ずるものとし、会員が同伴した非会員については会員が連帯して賠償の責に任ずるものとする

第12条<附則>

装飾品・設備等を破損した場合、修理料金または購入費用を賠償すること
レンタル用品等を破損した場合、修理料金または購入費用を賠償すること
BUDDY の利用料金等は通知無く変更する場合がある
BUDDY の規約は法令その他公的規約に順ずるものとし、本規約に定めの無い事項については社会常識や商習慣に従いBUDDY にて判断しこれを行う

第13条<改正>

本施設利用規約を含む利用者の遵守すべき全ての規定の改正は、BUDDY が必要に応じて予告無くこれを行う事が出来るものとし、利用者は常に自己の責任において規約の改定について確認・承認の上で施設利用を行うものとする

最終改定日2016年10月20日